生活保護基準引き下げ反対埼玉連合会

我が国の「健康で文化的な最低限度の生活」を問う、生活保護基準引き下げに反対する訴訟の勝利を目指して、原告を支援し、運動の輪を広げていくことを目指しています。

くらしの最低保証
引き下げに
NO!

<第3号>くらしの最低保障引下げにNO!

<第3号>くらしの最低保障引下げにNO!

くらしの最低保障引下げにNO!
~生活保護基準違憲訴訟の勝利をめざして~no3※画像をクリックするとPDF表示されます

「原告,支援者のつどい」開催
健康で文化的な生活を

9 月26 日,埼玉総合法律事務所で「原告,支援者のつどい」を開催しました.
冒頭,寺久保光良連絡会会長より「みなさんの闘いは歴史的な闘いになる.国民生活そのものが崩されている状況の中で,国民の理解を得,歴史の扉を押し開ける意義がある」とエールが送られました.

古城英俊弁護士から,改めて訴状の中身について説明がありました.
訴状では,1 昨年8月の生活扶助費を減額する処分の取り消し,2 国に対する損害賠償請求(請求額1万円)を求め,その説明をしています.
国が生活保護基準を切り下げた行為は,違憲,違法であり,その理由が示されています.
1つは,生活保護法は憲法25 条「健康で文化的な最低限度の生活」を具現化したものですが,原告らの生活実態からはこれらが確保されておらず,基準引き下げによってさらに悪化しています.
もう1つは,基準引き下げを実施に至った経緯などを問題にしています.
質疑を通して,自分たちが訴えている内容を改めて確認するとともに,「健康で文化的な生活」と,現在の暮らしを照らす機会となりました.

「たんぱく質などバランスよくとれていない.糖尿病予備軍だと言われている.結局,てっとり早く高カロリーなものに偏ってしまう」
「裁判官は,生活保護受給者の生活がイメージできないかもしれない.生活実態を伝えて行けるといい」
「フルタイムでは働けない.収入があると引かれてなかなか生活保護を脱却できない.生活保障のあり方についても問いたいと思う」
等々,裁判に向けての積極的な意見も出されました.

今後,裁判は2か月に1回程度,原告が意見陳述できるような場が持てるようにしたい意向です.具体的には,10 月23 日に原告と弁護団で裁判に向けての会議を持ち検討していきます.

閉会後,有志で交流を図りました.「裁判当日は駅前に出て,アピールもしていきたいね」そんな意気込みも語られました.

いよいよ裁判です.多くの人たちと力を合わせて行きましょう.応援よろしくお願い致します.

2014年10月10日<第3号>
発行:生活保護基準引下げ反対埼玉連絡会
連絡先:さいたま司法書士事務所内 048(815)6978

« »